モテる男は好きな女性を口説く方法と女性の口説き方を知って女性を落とす行動を取り、恋愛心理テクニックや口説く心構えを熟知している

Menu ▼
口説く前に女性の恋愛心理を知ることが基本
口説いて落とす前に彼女の心をときめかそう
女性を口説いて落とすには陰陽の法則に則れ
口説いて落とすには最初の出会いでの演出が大切
口説いて落とすためにはアプローチの仕方が大切
名前で分かる女性の恋愛傾向と落とし方
好きな彼女の心をゲットする恋愛テクニック
モテる男は女性のしぐさで心理を見抜く
彼女の心を夢中にさせよう
モテる男の女性を口説いて落とす方法とテクニック
一線を越えるための口説く方法とテクニック

口説く前に女性の恋愛心理を知ることが基本
口説いて落とす前に彼女の心をときめかそう
女性を口説いて落とすには陰陽の法則に則れ
口説いて落とすには最初の出会いでの演出が大切
口説いて落とすためにはアプローチの仕方が大切
名前で分かる女性の恋愛傾向と落とし方
好きな彼女の心をゲットする恋愛テクニック
モテる男は女性のしぐさで心理を見抜く
彼女の心を夢中にさせよう
モテる男の女性を口説いて落とす方法とテクニック
一線を越えるための口説く方法とテクニック


好きな彼女の呼び方を段階的に変え距離感を縮めよう


何回も会っているのに、相手を名前で呼ぶことをしない人がいませんか。

逆に、初対面でも、さりげなく、相手を名前で呼ぶ人がいますね。

こういう人は好感をもたれるものです。



ですから、好きな彼女を口説いて落とそうと思っているなら、呼び方を徐々に変えていって心的距離を縮めておくことも大切です。


男同士の場合、初対面で名刺を交換して着席したあと、相手の名刺をテーブルの上に置き、その名刺を見て顔を上げ、「青木さん」とおっしゃるんですかというように、苗字に「さん付け」は、初対面ではいたしかたないでしょう。

この言い方が一番距離感を感じさせるものですが、もう少し親しくなりますと、「青木君」となり、さらに「祐二くん」「祐二」などと親しみの度合いによって、呼び方は変わるものです。

なぜ、呼び方を変えるのかと言えば、日本人は、お互いの名前の呼び方で親近度を測る傾向があるからです。

とくに、一般的に呼び方の親近度に効果があるのは、「青木くん」が「祐二くん」になったときであり、男女の仲も、同様であります。

同僚の女性を、ある日、突然、「青木さん」から「祐子ちゃん」と呼ぶようになりますと、彼女は、「この人は私のことをちゃん付けで呼んだけど、この人は私を名前で呼ぶほど親しく感じてくれているのだなあ」と思うはずです。

ですから、彼女と早く親しくなりたいのであれば、呼び方も苗字から名前に変えてみてはどうでしょう。

これまでの経緯から、友達関係程度でそれ以上の進展がないようなら、恋愛テクニックとして十分活用できるでしょう。

「相手が名前で呼ぶんなら、私も呼んでみよう」ということで、あなたも名前で呼ばれるようになれば、彼女はあなたに少しずつ心を開いてくれるはずです。

こうして、あなたと彼女の距離を、知らない間に少しずつ縮めていくのも、恋愛を実らせるひとつのテクニックとなります。








仕事のできる男と仕事のできない男との違い
性格は、しぐさ・癖・見た目で一瞬でわかる
モテる男・モテる女の恋愛メールテクニック
しぐさから恋愛相手の心理を見抜こう
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
間違いのない結婚相手の選び方と選ばれ方
彼と彼女・男と女の大人の恋愛法則
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
結婚相手、今の彼で本当にいいの?
男を落とす恋愛テクニック

 Copyrightc 2015  好きな女性を口説く方法と口説き方. All rights reserved.